チラシを印刷するにカラーが決め手

コンパクトなフライヤーチラシは印刷するスペースも狭く、載せることが可能な情報量にも限界があります。
なので、意味のない情報は無くしていくことが大事です。
最も伝えたい事だけを、わかりやすく印刷するようにしましょう。
載せたい情報があったとしても、スーパーの折込チラシのようにガチャガチャしたデザインにするのは好ましくありません。
情報量盛り沢山なものは見た感じ気分が悪く思われ、読む相手の気持ちを衰えさせてしまいます。
デザインは、情報をしっかりと決めたデザインにするのがルールです。
色に関しては、季節に適したものにしましょう。
例を挙げるとすると、夏のセールであれば水色や青を取り入れ、秋のイベントであればオレンジや赤を取り入れるといったことが良いでしょう。
季節に適した色を取り入れると、フライヤーの存在感を全面的にアピールしやすく記憶にも残りやすいです。
ただ、季節とは無縁なことでもそこはやはり色の使い方は必要となるでしょう。

京都で先端医療を取り入れた歯科

ホテルのベッドで寝ているような快適な寝心地

ダンススタジオ

情報一覧

関連メニュー

サイズの小さなフライヤーチラシは印刷する面積もコンパクトで、そこに掲載できる情報量に制限がかかってき

チラシの価値を挙げるための印刷を考えましょう

小さなサイズのフライヤーチラシですと印刷のための範囲も狭くなり、載せることが可能な情報量の幅が狭くな

読み手の気持ちを掴む為のチラシの印刷方法とは

コンパクトなフライヤーチラシは印刷できる範囲もあまりなく、書き込むことができる情報量に限りがあります

チラシ作りは情報をピックアップし印刷しましょう

チラシの印刷を考える際、メリハリを出すのに色調の異なった色を使うようにしましょう。
例えば、背

チラシの印刷用紙について考えましょう

Copyright© チラシ,印刷 All Rights Reserved.

チラシを印刷するにカラーが決め手
チラシ,印刷